スポンサードリンク

2014年01月30日

確定申告 2014 吹田市

国税庁のホームページを活用するとかなり確定申告についても色々な情報を入手できそうです。確定申告書等作成コーナーというところでは、申告書の自動作成ができるそうですし、確定申告期に多いお問い合わせ一覧も掲載されているので便利ですね。確定申告についてわからないことが出てきたときは、税務署に電話で相談する、税務署に出向いて相談する、税理士が開く無料相談コーナーでアドバイスをもらう、インターネットで調べるなどの方法があります。近所で開催されているなら確定申告の時期に開かれる税理士の無料相談コーナーが一番よいかもしれませんね。確定申告では申告する所得や目的によって用紙が変わってくるそうです。申込書Aと申込書Bと分離課税用の3つがあり、サラリーマンやOL、公的年金や個人年金を受け取っている方は申込書A、個人事業主や不動産賃貸収入がある方は申込書B、不動産や株式を売ったり、退職所得があった方は分離課税用を使うそうです。


posted by 確定申告 2014 用紙 at 19:57| Comment(0) | 確定申告 2014 吹田市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
確定申告 2014 用紙」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。